インプラント

インプラントとは埋め込みをします

歯というのは知らないうちにどんどん磨耗しています。毎日毎日噛み合わせ、摺りあわせているわけですから、こればある意味では消耗品に近いのです。どんなに大事に扱っていても歯茎などが原因で状態が悪くなることがあります。そして、取れたり、或いは欠けたりすることもあるでしょう。または外部的な原因で歯が取れることもあります。強い衝撃などで抜けてしまうことはあるのです。
そうした場合は一生、歯が欠けた状態であるのかといえばそうではないのです。例えば入れ歯があります。今は入れ歯も非常に高性能になっていますから、まさに本物のような形に見えますし、そのように使うことができます。しかし、それよりもよいのはインプラントでしょう。
インプラントは義肢の一つであり、身体に埋め込むタイプの歯になります。色々な材料で作られることがあるのですが現状最もよいインプラントはチタンです。チタンですから相当に頑丈であり、当然、虫歯のような菌で劣化することも殆どありませんから安心して使うことができます。歯茎に埋め込むことになりますから外科手術的なことをすることになりますが、麻酔はしっかりとしますから痛みは手術中にはほぼないです。その点は心配しないでよいです。

歯科衛生士から見るインプラントの利点

インプラントという単語を20年ほど前から、よく聞くようになりました。入れ歯を使った事がある方なら分かると思いますが、入れ歯はガムなどの食べると粘着力のある…

CHOICES POST

歯科衛生士から見るインプラントの利点

インプラントという単語を20年ほど前から、よく聞くようになりました。入れ歯を使った事がある方なら分かると思いますが、入れ歯はガムなどの食べると粘着力のあるもの、硬いものが食べにくいです。食べると入れ歯がずれたり、外れたり、歯茎に傷がいきます。しか…

TOP