インプラント

歯科衛生士から見るインプラントの利点

インプラントという単語を20年ほど前から、よく聞くようになりました。入れ歯を使った事がある方なら分かると思いますが、入れ歯はガムなどの食べると粘着力のあるもの、硬いものが食べにくいです。食べると入れ歯がずれたり、外れたり、歯茎に傷がいきます。
しかし、インプラントだと噛んだ時に自分の歯のように噛めます。硬いもの、ガムもなんでも噛めます。見た目も自分の歯のようです。ネジの部分が歯茎の中に埋め込まれますので、歯の部分だけが見えます。隣の歯にかける針金が笑った時に、見えてしまうということもありません。部分入れ歯だと、隣の歯に針金をかけるので、噛んだ時に針金のかかっている歯に普段以上の負担がかかります。それが何年も続き、針金がかかっている歯が歯周病になっていると、その歯が抜ける原因にもなります。インプラントを入れると、他の歯に余計な負担を書けないという点でも大きな利点があると言えるでしょう。
入れ歯だと、長年使うと歯茎が痩せてしまって作り直さないといけないとか、プラスチックの部分が割れてしまったとか、すり減ってしまったということがあります。インプラントは、しっかりと毎日お手入れし、定期検診を受けていれば生涯使えます。

歯科衛生士から見るインプラントの利点

インプラントという単語を20年ほど前から、よく聞くようになりました。入れ歯を使った事がある方なら分かると思いますが、入れ歯はガムなどの食べると粘着力のある…

CHOICES POST

歯科衛生士から見るインプラントの利点

インプラントという単語を20年ほど前から、よく聞くようになりました。入れ歯を使った事がある方なら分かると思いますが、入れ歯はガムなどの食べると粘着力のあるもの、硬いものが食べにくいです。食べると入れ歯がずれたり、外れたり、歯茎に傷がいきます。しか…

TOP